クレジットカード現金化は合法的な資金の調達方法になっているのか

クレジットカード現金化はやり方によっては違法行為とみなされてしまうのではないかと懸念する人もいるでしょう。
しかし、クレジットカード現金化は合法的にできることが知られているもので、現状では違法という見解が示されたことはありません。
クレジットカード現金化が違法と思われがちなのは、闇金業者などが不当な形でお金を貸している事例が多いからです。
近年では給料ファクタリングは貸金業に相当するという判断で違法行為と見なされました。
同じようにクレジットカード現金化も貸金業法に違反するのではないかと考えられがちですが、クレジットカード現金化では業者がお金を貸す行為はしていません。
あくまで商品を販売しているのが業者の役割で、その代金をクレジットカードで支払ってもらったからカード会社に請求して業者が売り上げを確定するという形になっています。
その業者にお金を後から支払うということもないので、お金の貸し借りとみなされるリスクがないのです。